クオリティの高い一生物のタトゥーをご提供いたします
クオリティの高い一生物のタトゥーをご提供いたします
flow

アフターケア

施術後のタトゥーが治っていくまでの過程と

対処法をわかりやすくご紹介したいと思います。

ケアについて不安に感じる方の参考になれば幸いです

施術当日

施術後、専用のガーゼを貼って帰ってもらいます。

施術後2~3日目

お渡しするマニュアルに従いケアを続け、表面が少しだけ乾いてきて、場所によってはシワになってきています。まだ触ると少し痛みがあるはずです。入浴時にタオルでこすったりぶつけたりは厳禁です。

施術後4~5日目

カサブタが乾燥しはじめ、表面が白っぽくなってきている部分があります。ボカシなどで色味の淡い部分は比較的早く治っていきます。
カラーや黒のつぶしの場合、カサブタは厚くなる場合がほとんどです。関節部分などは特に注意が必要です。 この頃からかゆみがでてきますが、掻いたり無理にカサブタを剥がしてしまうと色抜けの原因となります。入浴時にタオルでこすったりもまだ我慢しましょう。

施術後5~6日目

かゆみが出てきながら、ポロポロとカサブタがむけはじめてきます。かゆくても我慢しましょう

薬を塗ってケアを怠らないようにします。薬はリップクリームを塗るように薄く塗りましょう。

※薬によって治すというという意味も少し含まれますが、薬を塗って乾燥させすぎずに適度に保湿させるという感じです。

一日の中で朝に一度、晩に一度薬を塗るというサイクルを作ってあげると、適度に保湿、適度に乾燥と効果的です。

施術後7日以降

関節に近い所、関節部、色の濃い所は最後までカサブタが残りやすいです。カサブタが自然と剥がれるまで気長に治してあげてください。
通常、施術後1週間から10日前後でカサブタが取れます。カサブタが取れた後の皮膚は少しテカテカして皮膚自体が薄く、外部からの刺激に弱くちょっとのことでキズになりますので、最後まできを抜かずにいてください。

ある程度カサブタが取れてしまえば薬等は塗らなくて大丈夫です。季節による乾燥などで表面が白っぽくなったり、つっぱった時は薬やボディクリーム等を塗ってあげると良いでしょう。カサブタが取れてしまえば、入浴時などタオルで軽くこすっても構いません

皮膚、そして色が完全に落ち着くまで2~3週間はかかります。写真にあるカサブタの様子や治療日数は施術部位、彫り方、デザインによって異なります。参考程度にご覧ください。

最後に

施術後2~3週間程度経ち、完成後、突き直し(タッチアップ)は無料で行っております。遠慮なくご連絡ください。

ただ、状態によっては1ヶ月程度ほど経ってから突き直した方が痛みも少なく、綺麗に仕上がることもありますのでご了承ください。

South Flow Tattoo彫じんのサービスに関する

ご予約・お問い合わせはこちら