クオリティの高い一生物のタトゥーをご提供いたします
クオリティの高い一生物のタトゥーをご提供いたします

鹿児島和彫り =絵柄の考え方= 鹿児島タトゥー

21/05/01

和彫りを彫る際の図案の決め方

和彫りを入れたいと思ったときに、

 

 

どんな図案があるだろう?

どう決めたらいいか?

組み合わせが良くない図案がある?

などたくさんの疑問があると思います。

 

 

ここでは図案を決める際の考え方を紹介しようかと思います。

※あくまでも私の解釈で考えているものになります。たくさんの図案があり、考え方も様々ありますのであくまでも参考程度にされてください。

 

 

 

まず身体のどの部分に入れるか、ということから説明させてもらおうと思います。

和彫りでは一番最初に入れる部位は背中一面をお勧めします。

理由としては

「身体全体を使って一つの絵柄に仕上げる」

という事が基本的な考えにあるからです。

 

 

はじめて入れるのが背中一面となると躊躇してしまいますよね。

ですが、その基本的な考えを根底に進めていくと、腕にも追加で伸ばす時、足にも、となった時にとても絵柄が決めやすいのです。

身体の中で一番広い範囲を使える部位が背中となりますので、「身体全体で一つの絵」と考えた場合、背中の絵が中心となり、腕や足は背中の絵柄に関連する図案を持っていけば成り立つからです。

 

 

 

例えば和彫りの中でも人気が高い龍を背中に入れたとして、菊の花も合わせていれます。腕にも入れたいと考えた場合、全体を生き物で統一して虎や蛇など入れても良いかと思います。背中に菊を入れていたら腕や足にも菊を入れて季節を統一しましょう。

※あくまで例になりますので、他の組み合わせも存在します。

 

 

このように考えてみると絵柄を決める際に迷う事なく、まとまりがあり一枚の絵に仕上げる事ができます。入れた後にも「この絵柄はこういう成り立ちで入れてあるんだ」とご本人様も理解しやすいと思います。

はじめから背中一面を躊躇されるかたも、もちろんいらっしゃいますし、腕からはじめる方も大勢いらっしゃいます。その場合も私からは、なるべく繋がりが持てるような絵柄の提案はさせていただきますが、あくまでも提案になります。

 

決定権はお客様にありますので後悔されない図案選びになるように、これを読んでくださった方の参考になれば、

と考えています。

 

 

 

 

今回、さわり程度をお伝えしましたが、その他にもたくさん決まり事や解釈が存在します。絵柄相談は無料で対応しておりますのでお気軽にご相談ください

 

 

 

 

※見習いスタッフを募集しています。
将来的にタトゥーアーティスト、彫師として活動したい方。
18才以上、性別、経験不問。気になる方はお問い合わせください。
施術のご予約やお問い合わせをお電話で頂いた際に
仕事中等で電話に出られないタイミングがあります。
その時はこちらの方から必ず折り返し連絡をしますので
番号を通知してお問い合わせ下さい。
鹿児島 SOUTH FLOW TATTOO 彫じん
プライベートスタジオ
見学や相談はもちろん
施術の予約も受け付けております。
お問い合わせはお電話、メールでどうぞ
鹿児島 SOUTH FLOW TATTOO 彫じん
0998373135
 
head_logo02
鹿児島タトゥー
 
鹿児島タトゥースタジオ
 
鹿児島SOUTH FLOW TATTOO
 
鹿児島刺青
 
鹿児島彫師